ディスクロージャーポリシーについて

IRトップ
経営情報
事業報告
IRライブラリ
IRニュース
電子公告
株主メモ
よくあるご質問
ディスクロージャーポリシーについて
免責事項について
サイトマップ

株式会社太陽工機は、株主・投資家等の皆様に当社をご理解いただくために、以下の基本方針に基づいて情報開示を行ってまいります。

当社は企業理念・経営方針の一つに「フェアな企業活動」を定めています。株主など当社を取り巻く様々な関係者の皆様とのコミュニケーションを行い、適切な企業情報を積極的かつ公正に開示することを目指しております。
さらに、法令によって定められた開示の遵守に努めることはもちろん、それ以外の情報についても、公正かつ適時適切な開示を行うことによって経営の透明性を実現するため、以下の通り情報公開基本原則を定めて、実践してまいります。

情報開示原則
情報開示においては、事実を隠さず、嘘をつかない。
自主開示原則
法定開示遵守に努めると共に、公開可能な事実について自主的に開示する。
適時開示原則
公開可能な事実については、可能な限りすみやかに情報開示する。
公平開示原則
あらゆるステークホルダーに対して、偏ることなく公平に情報発信を行う。
情報管理原則
公開内容に関わる役職員は、公開までの情報管理を徹底する。

具体的な社内規程としては、当社および当社の子会社の経営に重大な影響を及ぼすおそれのある重要事実に関する情報を管理するために、「インサイダー取引管理規程」を制定しています。本規程において、法定上の重要事実に該当する内容を整理するとともに、それに関する情報の所管部を、重要事実の内容ごとに定めています。所管部は、重要事実の決定、あるいは発生時点で、管理部にすみやかに報告し、早期に公表することを想定しています。重要事実の公表担当部署は管理部としています。

法定上の重要事実に該当しない場合でも、当社および当社の子会社の経営に重要な影響を及ぼすおそれがあると考えられる事実については、「インサイダー取引管理規程」、および情報公開原則に則り、適時適切な情報開示を行うこととしています。 また、適時開示に係る社内体制のチェック機能として、「監査役会規程」および「監査役監査基準」を定め、監査役は、内部監査部門である内部監査室と連携しながら、財務情報その他企業情報を適正かつ適時に開示するための体制を適切に構築し運用していることを監査しています。

ページ上部へ